ウェルネス

ウェルネスとは、ヘルス(健康)を包含し、健康を身体の側面だけでなくより広義に総合的に捉えた概念で、最初、アメリカのハルバート・ダン医師により『耀くように生き生きしている状態』と定義されたそうです(1961年)。

最新の定義として、琉球大学の荒川雅志先生が「身体の健康、精神の健康、環境の健康、社会的健康を基盤にして、豊かな人生をデザインしていく、自己実現(2017年)」と提唱されています。

また、ウェルネスは、心や魂の癒しを求める生き方ともいえます。

(琉球大学ウェルネス研究分野ホームページ参照)

WHOの健康の定義として提案されている「健康とは身体的・精神的・霊的・社会的に完全に良好な動的状態であり、たんに病気あるいは虚弱でないことではない。」に近い概念かもしれません。

“心・身体・魂のバランスがとれ、自分らしく生き生きと輝いている状態”と言えるのかなと思います

ウェルネスを旅行に結びつけた“ウェルネスツーリズム”は、近年伸びが著しく、
☆旅先でのスパ・ヨガ・瞑想・フィットネス・ヘルシー食・交流などを通して、心と体の健康に気づく旅
☆地域の資源に触れ、新しい発見と自己開発ができる旅
☆原点回帰し、リフレッシュし、明日への活力を得る旅
などを指します。

ウェルネスリトリートも、ウェルネスツーリズムの一環です。